全身脱毛を開始したら

それはダメ!全身脱毛中にやってはいけない事とは?

投稿日:

全身脱毛に限らずですが、脱毛中にやってはいけない注意事項があります。

もしその注意を守らずやってしまうと、脱毛効果をしっかり得られなかったり、肌トラブルになったり、最悪の場合は後遺症として残ってしまう場合があります。

基本的にはカウンセリング時に、注意事項や禁止事項を説明されると思いますので、美肌を手に入れる為にも脱毛中は注意しながら生活していきましょう。

脱毛期間中の禁止事項

これは絶対にやってはダメ!これをやったら脱毛自体を中止かしばらくお休みになってしまうので、注意してくださいね。

タトゥーを入れる

光脱毛やレーザー脱毛の場合は、黒いものに反応をして全身脱毛をしていくので、色のあるタトゥーに光が反応をして、その部分が火傷をする可能性があります。

たとえ小さく入れたとしても、タトゥーがある部位まるごとが施術できなくなる可能性があります。
例えば、二の腕に入れた場合は、ヒジ上全部が施術できなくなります。

脱毛サロンやクリニックによっては、ギリギリまで施術してくれる事もありますが、あくまで自己責任となりますのであまりお勧めはできません。

最近はボディだけでなく、眉毛やアイラインの刺青(タトゥー)をする人が増えているので、その場合は顔脱毛ができなくなります

整形をする

特に顔の場合はシリコンなど異物が入っている場合や、整形箇所(手術による傷跡)が脱毛器の光に反応してしまい、何らかの影響を与えてしまいます。

基本的に脱毛は傷跡の上を当てることが出来ませんので、ほぼ100%断られてしまいます

ただし中には事故や病気のため手術を止むなくする場合もあり、傷のギリギリの毛が気になる場合は、ニードル脱毛(針脱毛)で脱毛できる場合があるので、相談してみましょう。

過度な日焼け

光脱毛やレーザー脱毛の場合は黒いものに反応する仕組みのため、過度な日焼けをしている場合は、毛根に光がしっかり届かず、また火傷などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

脱毛期間中はしっかりと日焼け止めを塗ったり、日傘や長袖を着るなど対策をしましょう。紫外線は目からも侵入するので、サングラスをするとより日焼けを防止することが出来ます。

脱毛再開は日焼けが落ち着いてからなので、最低でも半年以上はかかってしまいますので日焼けには注意しましょう。

妊娠

授かりもので嬉しい妊娠ですが、脱毛期間中は一時お休みとなります。

妊娠中に脱毛をした場合に、胎児への影響はないと言われていますが、そのような実験や検証などはされていないので、絶対に安全と言い切れません。妊娠したら脱毛は一旦お休みをしましょう。

脱毛サロンやクリニックによっては、脱毛に有効期限がある場合があるので確認してみましょう。大体の場合は、延長申請をするなどして出産後も脱毛を再開することが出来るようになっています。

手術などで体内に金属がある(ペースメーカー含む)

事故などによって、体内に金属を入れる場合があります。

金属類も光脱毛やレーザー脱毛が反応をしてしまい、皮膚や体内に熱を持ってしまうなど、脱毛器が過剰に反応してしまう場合があります。

その場合は、必ずスタッフに申告をしてその箇所は避けるように脱毛しましょう。

 

脱毛当日に断られる場合がある

脱毛の前後にこれをしてしまうと、脱毛当日に断られることがあるかも?全身脱毛にも慣れてくると意外と油断しがちなことなので、もう一度チェックしてみましょう。

体調不良

ちょっとの風邪くらいならと全身脱毛を受けると、身体はいつもより弱っているので、痛みを感じやすかったり脱毛効果があまり得られなかったりします

また気分が悪くなるなどの副作用も出る場合があるので、体調がいいときに全身脱毛を受けるようにしましょう。

薬の服用や塗り薬を塗っている

薬の種類によっては、脱毛器の光に反応をして副作用が起こる場合があります。基本は飲まない事ですが、事情によって飲む必要がある場合は、スタッフとかかりつけ医に必ず確認を取るようにしましょう

また脱毛当日は肌に基本何も塗らないことです。それが塗り薬であっても、ボディークリームや日焼け止めであってもです。こちらも光に反応して副作用が出たり、光が毛根まで届かずに脱毛効果が得られない場合がありますよ。

全身脱毛の前後一週間は予防注射などしない

インフルエンザが流行る冬の時期は特に注意が必要です

どの予防注射であっても、脱毛の前後一週間~10日は控えましょう。
薬と同様に、脱毛器の光によって発熱や照射部位の腫れなどの副作用が起きる可能性があります。

当日の飲酒や汗をかく行為

脱毛当日の前後では、運動やサウナ・温泉・飲み会などは控えてくださいね。

これらの行為は血流の流れを早めて体温が上昇しやすい状況になります。
体温が上昇すると肌トラブルが起こりやすく、脱毛照射部位に赤みやかゆみが出やすくなります。

 

全身脱毛に慣れてくると油断しがち

始めの頃は全身脱毛について分からない事だらけで、注意事項をしっかり守ります。しかし人は慣れてくるもので注意事項の内容を忘れていたり、だんだん油断して独断で「これくらい、大丈夫」と決めつけてしまいがちです。

「何がダメだったか忘れちゃった!」という時でも、優良な脱毛サロンやクリニックでは、全身脱毛の施術前に必ず注意事項の紙を渡されて一読するようになっていますので安心ですよ(^^)

-全身脱毛を開始したら

Copyright© 目指せ満足度200%の全身脱毛!エステティシャンが明かす脱毛裏事情 , 2018 All Rights Reserved.