介護される前に脱毛がおすすめな理由

VIO脱毛の真実

介護される前にデリケートゾーンのVIO脱毛は必要?

更新日:

介護される前にVIO脱毛を

まだまだ介護される年齢じゃないしあんまりピンとこない、という方も多いと思いますが、 私個人的には介護が必要になる前にデリケートラインの毛はキレイにしておきたいなぁ と思っています。

介護者による実体験

友達が介護施設にボランティアに行ったときのこと。
まだ十分普通に動けて自分でトイレにも行けている人が少し臭うことがあるそうです。高齢になると、トイレでの始末がうまくできなくなってくるようです。

アンダーヘアの処理を何もしていないと、そこにおしっこが付いたり雑菌が繁殖する元になってしまいます。
そうすると、臭いにもつながりますよね。

かと言って、あまりツルツルにしてしまうとヘルパーさんに話題にされて笑われてもイヤなので、程よく整えて薄くしたいなぁと思っています。

高齢になっても、女性のデリケートゾーンのムダ毛って気になるものですね。

 

アラフィフになる前に

50代、60代の方の脱毛についてですが、最近ではジムやプールなどに通う機会が増えて、それに伴いムダ毛が気になる女性が増えてきています。

体の自由が動ける内に脱毛するのがオススメ

歳を重ねていくとどうしても老眼や五十肩等になって、自分でムダ毛の処理がしにくくなってしまって「脱毛したい」「介護が必要になる前に脱毛しておきたい」という話をよく聞きます。

例えば介護ヘルパーさんににワキ毛の処理して!なんて頼めないですし、かといってボサボサでいるなんて。
いくつになっても女性としての美意識が許さなかったりストレスになってしまうこともあります。

最近では、昔脱毛が途中だったり、脱毛料金が高くて途中で辞めてしまった40代のお母さんたちも脱毛に通い始めたという人が増えています。

 脱毛サロンではペア割や親子割などがあるので、娘と一緒に通う親子も増えていますよ♪ 

 

こちらもチェック!Vライン脱毛よりVIO脱毛が人気?

コラム今じゃ常識!?整えられたアンダーヘアーで自信UP

-VIO脱毛の真実

Copyright© 目指せ満足度200%の全身脱毛! , 2019 All Rights Reserved.