脱毛方法と脱毛機の種類

S.S.C脱毛、IPL脱毛の違いとは|私はどっちを選べばいいの?

投稿日:

光脱毛は全部同じじゃない?

脱毛サロンとか、エステの脱毛って、光脱毛って言われるけれど、みんな同じなのかな・・・

なかには、「うちは、光脱毛じゃなくて、フラッシュ脱毛なんです!」というサロンもあって混乱する方もいるかもしれませんね。

そこで、光脱毛について、詳しく解説しておきましょう。

いわいる「光脱毛」と一般的に言っているものに、国で定めた定義のようなものはありません。

分かりやすく、簡単に言うと、レーザーは光を増幅して放射する光で、指向性や収束性が高く、肌の奥まで届きます。

レーザーは、発生する熱量も高く、肌のより奥まで届くために、やけどなどのリスクが高いため、現在は医療機関でしか利用することができません

以前は、エステサロンでも使われていましたが、やけどなどまリスクが高くて危険ということで禁止されました。

これを補うために、医療機関でなくても利用できる、レーザーでない光を照射するマシンができたわけです。

この照射する光は、マシンによって異なります。

光を短いスパンで照射するタイプのマシンは、フラッシュ脱毛という場合もあって、サロンによっては、光でなくフラッシュだと言ったりしますが、

一般的にみれば、光を照射しているのですから、消費者側としては「光脱毛」と言ってしまってなんら問題はないと思います。

それではここで、代表的な2つの光脱毛、S.S.C脱毛IPL脱毛について解説してみましょう。

IPL脱毛とは

IPLというのは、インテンスパルスライトの略称で、キセノンランプという光源を使っています。

S.S.C脱毛のマシーンよりも、出力が高く出せる設定になっているので、痛みが強く感じたり、脱毛効果が良かったりすることが人によってはあるようです。

基本的にはレーザーと同じように、毛根のメラニンに働きかけ、毛根周囲にダメージを与えて脱毛を促す原理ですが、広帯域の光ですのでレーザーほどの破壊力はありません。
?
?しかし、その分一度に広範囲に照射することができますので、レーザーより早く全身照射ができ、やけどのリスクを減らすことができます。

ただし、光に対する反応は、人それぞれですので、調節次第で、やけどなどの肌トラブルがゼロというわけではありません。

基本的に肌の保護と光の吸収をよくするジェルを塗ってから照射します。

脱毛の効果としては、レーザーほど強くないので、繰返し照射をする必要があり、ツルツルの全身脱毛の結果を得るには3年前後を要するでしょう。

その他の効果として、IPLは美肌のために使われていたこともあり、赤ら顔、ニキビ痕、毛穴の引き締め、くすみの改善 等にも効果が期待できます。

S.S.C脱毛とは

ムーススキンコントロールの略称で、クリプトンライトという光源を用います。S.S.C脱毛は、IPL脱毛より新しい脱毛方法として出てきたものですが、クリプトンライトというのは

もともとキセノンランプよりも前からあったものなので、それ自体は新しいものではありません。

キセノンランプの方が肌に優しいという見解もありますが、S.S.Cマシン自体が、IPLよりも、出力を抑えられて作られているためで、さほどその差異は無いようです。

キセノンランプの方がリサイクルがきき、ランニングコストが安いからという理由があるようです。

S.S.Cでは、出力を抑える分、抑毛効果のあるジェルを使用し、それをクリプトンライトで温めて肌に浸透しやすくして、脱毛を促すという方法をとっていると説明されています。

こう聞くと、IPLとは脱毛方法が全く違うように聞こえますが、実際はキセノンランプでも温められるはずですし、それ以外にもっと効率よく肌に浸透させるマシンはあるようですので、メーカーの謳い文句を受け取ることは難しいですね。

キセノン球もクリプトン球も電球でも使われているもので、中に入っているガスの違いで、

結局のところは、抑毛ジェル自体の脱毛効果のあまりなくIPLと同じように毛根のメラニンに働きかけ、毛根周囲にダメージを与えて脱毛を促す原理での効果がほとんどです。

国産マシーンがいいの?
国産のマシーンは、敏感肌の多い日本人の肌トラブルを恐れて、出力を抑えたマシーンを提供しているようです。

ですので、IPLでも国産のものはあまり出力が高く出ないようになっているものが多いようです。

でもその分、肌を痛める可能性はとても少なくなり、軽いやけどを前提としているレーザー脱毛よりは、痛みが少なく、ずっと肌を痛めるリスクが少ないんですね。

また、海外製は高い出力まで出せる様になっていのますが、故障はおおいようです。特に中国メーカーの脱毛マシンは導入費用が安いが壊れやすく、メンテや修理費にお金がかかるようです。

国産マシーンは導入費用が高く、壊れにくいようです。最近は導入費用を安くして、交換用のカートリッジを高くして、収益を取るメーカーが多いとききます。

脱毛サロンやエステも高額のマシーンを導入して、費用を回収しなければ、経営が成り立ちませんから、なかなか頻繁に最新マシーンに入れ替えというのは大変なのではないかと思います。

日本人にとって国産マシンが一番合っているのですが、初期導入の費用が高いので海外製の脱毛器を使っている所もあり、その分脱毛の料金が安いこともあります。

一度パッチテストなどで、自分の肌で合うか試してみるといいですね(^^)

結局どちらがいいの?

結局のところ、脱毛マシンでも脱毛の効果は出力調整次第ですし、それは施術者次第です。また比較的日本人は、光に敏感な女性が多いので、脱毛効果を強く求めて出力を上げるのも危険です。

人の肌は同じに日本人でも大きく違いますから、このへんは単に施術者の技能や経験ですべて解決するのも難しいですね。

だから、なるべく施術者の研修がしっかりしていて、うまく脱毛が進まなかった場合に、臨機応変に対応してくれる消費者目線で対応してくれる脱毛サロン、エステで脱毛を受けることの方が、S.S.C脱毛かIPL脱毛を選ぶべきかよりも重要と言えます。

結論として、光脱毛は脱毛機でなく、サロンで選ぶ!ということですね

-脱毛方法と脱毛機の種類

Copyright© 目指せ満足度200%の全身脱毛!エステティシャンが明かす脱毛裏事情 , 2018 All Rights Reserved.