知っておきたい脱毛基礎知識

使いこなせてる?いまさら聞けない家庭用脱毛器の注意点

投稿日:

「えっ、高っ!」脱毛サロンの料金を見て、そっと画面を閉じたあなた、脱毛を諦めるのはまだ早いですよ!脱毛はサロンやクリニックでするものというイメージがありますよね。でも今は、安く脱毛できる「家庭用脱毛器」も人気急上昇中。サロンに通いながら使って、脱毛料金を抑えている人もいるんですって!

でも、「ホントに効果があるの?」とか「使い方が難しくない?」という疑問もありますよね。さらに「使ってるけどもっと効果的な方法ってあるかな?」という方にも、上手な使い方を伝授します!

家庭用脱毛器にも種類がある

家庭用脱毛器にも実は種類があります。

・フラッシュ方式
・レーザー方式
・サーミコン方式
・毛抜き方式

この中で、ちゃんと「脱毛」といえるのはフラッシュ方式とレーザー方式だけ。サーミコン方式は毛を焼き切るタイプ、毛抜き方式は名前の通り、毛を抜くだけなので、正確には「除毛」です。脱毛したいのか、その場でムダ毛がなくなればいいのかはお好み次第。

こんな人にはこの脱毛器がオススメ!

いろいろ種類があると、どれがいいのか迷ってしまいますね。そこで、ピッタリ合った脱毛器をご紹介します。

・広範囲を脱毛したい・痛いのはイヤという人

フラッシュ方式の脱毛器がオススメです。フラッシュ方式の脱毛器は、今一番主流で各メーカーからたくさん出ていますね。人気の「ケノン」もこのフラッシュ方式なんです。

フラッシュ方式は、脱毛サロンでもよく使われているフラッシュ(特殊な光)で脱毛します。使い方もカンタン。肌に当てていくだけなので、時間もかかりません。

フラッシュ方式の脱毛器は、スピーディーに処理できる上に痛みが少ないので人気です。

・太い毛を集中的に脱毛したい人

剛毛さんには、レーザー方式の脱毛器がピッタリ。フラッシュ式では歯が立たなかったり、なかなか効果が実感できないような太い毛(特にVIOラインなど)も、レーザーの強力な力で脱毛可能です。

でも、レーザー方式の脱毛器は痛みが強いところがデメリットです。例えば、レーザー方式脱毛器の代表である「トリア」。脱毛効果はバツグンなんですが、照射ヘッドがとても小さいので広い部位を脱毛するのは結構タイヘンかも。しかも痛みが強いので、途中で挫折してしまう人もいるのだとか。

・お金をかけたくない人

フラッシュ方式やレーザー方式の脱毛器は、ほとんどが数万円します。しかも、カートリッジは消耗品なので、本体以外にもお金がかかってしまうのがネック。

もちろん、脱毛サロンやクリニックに通うよりは安上がりですが、「意外とお金がかかる!」とあとで気が付く人も多いんです。

お金をあんまりかけたくないな~という人には、サーミコン方式や毛抜き方式の脱毛器を使う方法もあります。こうした脱毛器(正確には除毛器ですが)は1万円しないものがほとんどなので、お手軽ではありますね。

でも除毛なので、カミソリなどのムダ毛処理と同様に定期的にお手入れする必要があります。

効果的な使い方のコツ

「今日はテレビを見ながら脱毛しよっかな♪」
こんな風に、空いた時間にコツコツ脱毛できるのが魅力の家庭用脱毛器。どうせ使うなら、より効果を高める使い方をして、ムダ毛のない肌になっちゃいましょう。

・ムダ毛は剃っておく

説明書に書いてあると思いますが、ムダ毛はきちんと剃っておくことが大切!もしムダ毛が残っていると、ムダ毛に熱が伝わって痛みや火傷をおこす危険があります!できれば、脱毛する前日に剃っておくといいですね。

・ほくろ、傷、色素沈着に当てない

フラッシュ方式やレーザー方式は、ムダ毛だけでなく黒いもの(色素のあるもの)に反応してしまいます。ほくろや傷、シミや黒ずみなどがあるなら、そこにフラッシュやレーザーが当たらないようにしましょう。シールやカットバンなどを貼って防ぐといいですね。もし当ててしまったら、火傷などをおこしこともあるので要注意です!

・脱毛前後はしっかり肌をクールダウン!

脱毛する前は、冷たい濡れタオルを用意して肌をしっかり冷やします。これは照射した時の熱から肌を守るため。脱毛したあとも、冷たいタオルで冷やすことで肌トラブルを防げます。

・クールダウンの後に保湿する

肌を冷やした後は、必ず保湿するようにしてください。見た目ではわからなくても、毛根に熱がこもっているので肌が乾燥しやすくなっています。肌が乾燥すると、ちょっとした刺激で肌トラブルをおこしてしまうので、保湿はとても大事です!

取説はよく読もう

基本的に、家庭用脱毛器の使い方は取扱説明書をよく読んで使用します。思い込みで適当に使ってしまうと、しっかり効果が出ないだけでなく、肌トラブルをおこすこともあるので気をつけて!

どのくらい期間を空ける?

体毛は、毛周期があるので毎日照射しても意味がありません。脱毛サロンの場合、1.5~3か月くらい期間を空けて照射しています。家庭用脱毛器を使う場合も、ある程度期間をあけた方がいいです。

説明書には、最初は2~3週間ごとに照射することを推奨しているものが多いです。ある程度回数を重ねてきたら、少しずつ期間を空けるようにします。

頻繁に照射してしまうと、肌の負担が増えるだけでなく、カートリッジの消耗も早くなり、コスパが悪くなってしまいますよ。

おうちで誰にも気づかれずにこっそり脱毛できるのが家庭用脱毛器のメリット。でも、準備から肌ケアまで全部自分でしなければいけないので、ついいい加減になりがち。脱毛効果を高めたいなら、面倒くさがらずに正しい使い方をしてライバルに差をつけちゃいましょう!

-知っておきたい脱毛基礎知識

Copyright© 目指せ満足度200%の全身脱毛!エステティシャンが明かす脱毛裏事情 , 2018 All Rights Reserved.