VIO脱毛の真実

デリケートゾーンのVIO脱毛ってどんな姿勢で脱毛するの?

更新日:

どんな姿勢で脱毛するの?

ワキや腕や足などの脱毛時の姿勢って何となく想像できますよね。

でもVラインまわりをやるときってどんな姿勢になるんだろう?
IラインやOラインの時って?

恥ずかしがる女性

と、デリケートな部分だけによく分からないと不安に感じてしまいますよね
それにいくら施術者が女性と言っても、自分の大事なところを見られるのは恥ずかしくて当然です。

でもできれば、 VIO脱毛をする!と決めたら割り切って恥ずかしさは捨てましょう。 

サロンやクリニックによって多少の違いはありますが、ほとんどのところでは使い捨てショーツ(紙パンツ)に履き替えてから施術を受けることになります。

Vラインのみなら、紙ショーツを履いたままショーツからはみ出た部分を脱毛してもらえるので、見られると言ってもそんなに気になりませんね。

IラインやOラインは場所的に、見られないでショーツの上から脱毛というのはどうしても無理です。

リラックスする女性

施術してくれる方は皆さんプロなので、ワキなどと同じように淡々とやってもらえます。

変に意識せずに度胸を決めてリラックスすることを心がけて、恥ずかしいからと言って緊張しすぎないようにしましょう。

まれに紙パンツを履かないところもあるので、VIO脱毛を検討している方は無料カウンセリングの時に確認して下さいね。

 

Vライン脱毛の時の姿勢

Vライン脱毛の主な範囲Vラインまわりの脱毛はまずはそのまま足をのばした状態で見える部分に照射していきます。

見えづらいつけ根部分などは、ヒザを立てて外側に倒した状態で脱毛していきます。

そのままIラインまでやっていくところもありますね。
それを片足ずつ順番に進めていきます。

 

Iライン脱毛の時の姿勢

Iライン脱毛の範囲Iラインは両ヒザを立ててやる場合や、片足ずつ広げて脱毛していきます。
こちらもVラインと同様に、ヒザを立てて外側に倒した状態で脱毛します。

 

Oライン脱毛の時の姿勢

Oライン脱毛の範囲Oラインはうつ伏せの状態になり、施術者がおしりを外側にひっぱりお尻の割れ目を広げながら見えるようにします。

場所によっては「おしりを少し浮かせて下さい」と言われるところもあります。
なかには四つん這いになるところもあります。

やはり人に見られるのは恥ずかしい部分ではあるけれど、 恥ずかしいと思うのは最初の1、2回だけ なんですよ。

施術してくれる方はプロでこちらが恥ずかしいと思っているのも知っているので、恥ずかしくならないような雰囲気づくりをしてくれます。

慣れてくると早くキレイになりたいな~と思うようになってきます。

-VIO脱毛の真実

Copyright© 目指せ満足度200%の全身脱毛! , 2019 All Rights Reserved.