妊娠前の脱毛は重要

VIO脱毛の真実

出産前に脱毛は必要?妊娠とVIO脱毛の関係

更新日:

妊婦さんのVIO脱毛

女性は妊娠をしますが、実は出産の時に処理をしておけばよかったと思う方も多くいるのです。

出産時にはIOの毛が赤ちゃんに絡まって危険なために、VIOの毛を出産前にある程度剃毛をします。
痛みでそれどころじゃないと思うかもしれませんが、中には恥ずかしいと思う方もいます。

妊娠中の自己処理は難しい妊娠後期になるとお腹が大きくなり、そうするとVIOの自己処理が難しくなってムダ毛を放置せざるを得なくなるのです。
そうなると何となく女性なのに・・・だんだん女子力が低下していってしまうと気持ちもブルーになってしまうのではないでしょうか。

最近は脱毛サロンもクリニックも低価格で通いやすくなったので、出産をした人の話を聞いて妊娠する前に、結婚する前にVIO脱毛をした方がいいかもと思う女性が増えてきています

 

帝王切開後のVIO脱毛

それと帝王切開の方はお腹を切るので傷跡が残ってしまいます。

傷跡があるとだいたいの脱毛サロン、クリニックはその箇所を避けて脱毛してしまうので、出産後に脱毛したいと思ってもお腹回りやV上は脱毛出来ない可能性があります。

傷跡を綺麗にすれば脱毛可能傷跡は人にもよってしまうのですが、 お医者さんには1年ぐらいで傷跡が薄くなるとは言われます 
しかしケロイドになってしまうと傷跡がずっと残ってしまって、最悪の場合その部分だけ一生脱毛が出来ない場合もあります。

それでもどうしても傷跡も気になるし、脱毛もしたいということであれば、美容医療で傷跡をなくしたり薄くしたりすることもできます。

姉の体験談

帝王切開で出産をした姉が話していたのですが、妊娠前にVIO脱毛をした方がいいと小耳にはさんで脱毛しようとしてた矢先に妊娠したことが分かりました。

仕方ないから出産後に脱毛しようとしたら、傷があって脱毛出来ないし、いまだにきれいになっていなくて後悔してたので、私は早めにVIO脱毛をする決心をしました。

 

こちらもチェック!介護される前にデリケートゾーンのVIO脱毛は必要?

こちらもチェック!VIO脱毛を損せずするなら医療脱毛

コラム妊娠するとビックリ?!お腹の毛の変化

-VIO脱毛の真実

Copyright© 目指せ満足度200%の全身脱毛! , 2019 All Rights Reserved.