知っておきたい脱毛基礎知識 脱毛方法と脱毛機の種類

セルフ脱毛で全身脱毛にチャレンジしてみる!

投稿日:

セルフ全身脱毛を諦めないで!

全身脱毛サロンや医療脱毛は敷居が高い、料金が心配、人にしてもらうのは恥ずかしいという人も。

じゃあ脱毛は諦めなくちゃいけないの?

いいえ!まだ諦めないでください。

自分でも全身脱毛をすることは可能なのです。
自分で全身脱毛する方法はいくつかありますが、それぞれの効果やメリット・デメリットがありますので、それを理解した上でセルフ全身脱毛をしていきましょう。

自分で全身脱毛する時の注意

自分で全身脱毛をするのに注意して欲しい事は、間違った方法をしないこと!

そもそも今やっている自己処理は誰かから教わってやっていますか?
自己処理ってなんとなくこれかな?周りがこのやり方をしているから・・・という理由でなんとなく自己処理していませんか?

実は私もそうでした。

自己処理に使う道具を正しく理解する

自己処理で最も重要なのは使う道具です。
そしてセルフで全身脱毛をしようと考えているなら、脱毛に使用する道具を間違った使い方をしないこと!

脱毛器具というのは正しい使い方をすれば安全に正しく脱毛できるんですが、間違えてしまうと肌トラブルの原因になり、最悪肌に傷など後遺症となってしまう事があります。

若いうちは回復力が高いのですぐ治っていた傷も、年を取る事に治りづらくなり、傷跡として残ってしまう場合もあるんです。

自分ではやりにくい部位は?

自分で全身脱毛しようと思うと、どうしても自分だけでは難しい部位が出てきます。

主に背面で、うなじや背中や腰は自分で脱毛したとしてもムラが出来ていたり毛が残っている可能性もあります。

またデリケートゾーンも敏感な部位で粘膜もあるため、自分で脱毛するのは難しい部位にもなります。特にIOラインは自分の目では見づらく、鏡を使用しての脱毛になるので、自分一人でとなると少し大変かもしれません。

ですがデリケートゾーンは人に見られるのは恥ずかしい部位でもあるので、自分で脱毛出来るのならそっちの方が良いという人もいます。

もし家族や友人に手伝ってもらえるなら、背面など手の届かない部位の自己処理はお願いした方が安心ですよね。

セルフ全身脱毛なら未成年でも気軽に始めやすいのが良いですね。
ただし、始めるときは親御さんと相談をすることも忘れないでくださいね。

-知っておきたい脱毛基礎知識, 脱毛方法と脱毛機の種類

Copyright© 目指せ満足度200%の全身脱毛!エステティシャンが明かす脱毛裏事情 , 2018 All Rights Reserved.